概 要

日  時  平成25年1月29日〜2月3日
場  所  オーストラリア

 サイバー適塾では「国際社会に通用するパワフルなリーダー」の育成を目指し、グローバルな視野からの考察を行うべく海外の現地・現場へ赴き、調査、交流を通じて見識を深めることを目的にオーストラリアへの視察研修を実施した。
 特に今期は、談論風発講座のテーマに親和性を高めるため、「安全保障」「関西の活性化」「行財政改革」の観点から問題意識を持って提言作成に資する調査を実施した。(各グループから2人の海外視察研修委員を選出し企画〜実施を担当)
 各グループ共通で訪問したのは、在オーストラリア日本国大使館、日本政府環境局(JNTO)シドニー事務所、ジェトロシドニー事務所、オペラハウスの4か所である。大使館では日豪関係史、政治体制、経済状況、など広範なお話を伺うことができ、この国への理解がさらに深まった。JNTOは観光という観点から日豪の関係を、ジェトロでは産業構造、豪ドル高の問題などを学ばせていただいた。
 グループ別での取り組みは、@安全保障面グループ:太平洋に接し、日米豪防衛連携の立場にある同国が、日本の置かれた隣接防衛の状況、安全保障全般をどのように考えているのかをヒアリング調査。(オーストラリア国立大学国家安全保障カレッジ、軍事博物館、日本大使館) A関西の活性化グループ:同国の第三次産業が成長に向けた取組、住みやすい国ランキング上位を占める都市の魅力、観光立国としての取組(観光資源の活用)等について確認、また「知の交流」の場としてコワーキングスペースを訪問調査。(Fishbueners) B行財政改革グループ:日本医療との比較するため、同国の医療行政について保険等の制度、病院の先進的な取組や効率化に向けた施策などを確認するため実際にシドニーの病院を訪問。(Sydney CBD Clinic、,Blacktown Innovation Centre) 海外視察研修各委員の当初目論見どうり「安全保障」「関西の活性化」「行財政改革」各提言に資する、と同時に11期生相互の交流を深めた、意義ある視察研修であった。


閉じる