講話内容

寺田千代乃 社長 講話
日  時 平成21年6月23日(火)14:00〜16:00
場  所 リーガロイヤルNCB 「雪の間」(中之島センタービル3階)
講  師 寺田 千代乃 アートコーポレーション 社長

講話内容
◆3つの起爆剤
 当社の発展には、@「アート引越センター」という、電話帳の一番前に掲載される社名、A「0123」という覚え易い電話番号、Bテレビ等のCMを使って、直接お茶の間に飛び込む、という3つの起爆剤が有効に作用した。
◆「Small But Excellent」
 アートは、引越の取扱いを陸運事務所に申請し、担当官に引越事業の有望性を説明するところから始めたパイオニア。お客様の視点に立ち、「あったらいいな」というサービスをすぐに提供することを基本に、社会の変化を見逃さず、「奥さま荷造りご無用」「コンテナ車利用」「つなぎのユニホーム」「クリーンソックスサービス」「殺虫サービス」「レディースパック」「シニアパック」といった新しいサービスを、次々に開発してきた。
 バブル崩壊時には、92年、93年の2期連続で売上目標の未達を経験し、役員から翌年の売上目標を下げようという声が聞かれる中、敢えて逆に20億円増額した300億円の売上目標を掲げた。できない理由を並べるのではなく、何としてもやりたいという気持ちを皆に植え付けることで、結果的に目標を上回る306億円の売上高を達成した。当社は、何かやろうとすると皆が集まってくるDNAを持った会社。いわゆるエリートと言われる人は少なく、普通の人が多い会社だが、目標を達成しようという時のスピードや、全体でムードを高める力はしっかりと発揮できるのが社風。会社は小さくても、それぞれの部署の一人ひとりが強くて、手ごわい会社、「Small But Excellent」をめざしている。
◆3つの貯蓄
 会社がまだ小さかった頃、ある銀行の頭取から「寺田さん、3つの貯蓄をしなさいよ」と言われた。3つの貯蓄とは、健康・友人・知識の貯蓄のことで、とても好きな言葉だ。皆さんにも、この1年間、会社の立場を離れ、利害関係のない所で様々なことを経験し、3つの貯蓄を心掛けて頂きたい。




閉じる