講話内容

寺田千代乃 社長 講話
日  時 平成23年4月26日(火)14:00〜18:00
場  所 NTT西日本研修センタ会議室
講  師 寺田 千代乃 アートコーポレーション 社長

講話内容
◆当社のDNAと基本理念
 当社には、創業の頃から続いてきた年中行事がある。イルミネーション、年末の餅つき、繁忙期の焼肉弁当づくりなどであるが、それら多くのイベントが毎年自然とおこなわれており、その流れが自然と若い世代へ継承されている。そのようにして企業のDNAとして根付いていっている。
 アートの基本理念は次のとおりである。@夢を共有する強い会社、楽しい会社をつくること、A暮らし方を提案する企業グループをつくること、B0123のブランド価値を高めていくこと、CCSとESを経営の機軸に置くこと、D顧客、株主、従業員、取引先、すべての関係者の方との共存を図っていくこと。これら5つをアートグループで働く約3,000名の社員が共有して意識し合いながら互いに高め合っている。

◆目的を達成するのは従業員の本気のやる気
 1992〜93年、2年連続して会社の売上目標(280 億円)を大きく割り込んだ。3年目に入る前に、役員が「もし3年連続で届かなければ、従業員は負け癖がついてしまう」と言ってきた。しかし予算を落としたら、その落とした予算を更に下回る恐れがあることを懸念した私は、支店長全員を集め、3年目は、売上目標300 億円に挑戦しようと言った。結果は306億を達成した。「皆やればできる」と自信を持ったことが大きな成果だった。

◆CS(顧客満足)とES(従業員満足)
 アートは、顧客満足を向上させる目的で、管理職・役員が営業社員と一緒にお客様のところへ同行するという取り組みをおこなってきた。結果、お客さまから返ってくるアンケートであるCSカードの返信率が上がり、メッセージもたくさん書いていただけるようになった。ときにはレターとして別に届くこともある。それはイントラ上で、社員が参照できるようになっており、その作業に関わっていた従業員へ必ずそれを返すようにしている。これが従業員の満足にも繋がっている。お客様に満足いただくためには従業員の満足も必要だということで、力を入れている。
 私は、強い会社、楽しい会社を作りたい。アートさんは小さいけど、なかなか手ごわいなと言われるように、個々が個の単位で強くなり、そして、各々自分の仕事にベストを尽くせる状態、こういったものが重なって、結果的には強い会社になると思っている。



閉じる