関西百選

「関西発・世界標準100選〜何が通用するのか?」決定!!


サイバー適塾の実験運用時(平成12年4月から同10月まで)の関西百選です。   戻る
 関西には、私たちが誇るべき、さまざまな文化遺産、美意識や価値観、コミュニケーションの手法や生活文化、商品やビジネス、技術、美しい自然などが多くあります。しかし単に誇りと思い、自慢しているだけでは充分ではありません。 関西の活性化のためには、関西が誇る独創的な「内なる資源」を、地域の外で通用させることが必要です。

 このような認識の下、サイバー適塾では、実験運用時の受講生からの推薦・投票と講師をお願いしている橋爪紳也氏(大阪市立大学文学部助教授)の最終選考を経て、「関西発・世界標準100選」を決定しました。

 このサイバー適塾で選んだ100選を一般の方にも公開して決定したものです。
 
ご応募いただいたアイディアには〜を表示しております。投票結果の詳細はこちら

順位 投票数 関西発で世界に通用するもの コメント
(アピールする点、薀蓄、どこの地域の人々にどうすれば評価されるのかetc.)
1 138 インスタントラーメン 大阪府池田市が発祥の地。独り暮しの必須アイテム。夜食にも最適。鶏がらなど本格スープで作るマニアな人がいると噂で聞く。ところで最近では、海外でしか手に入らないインスタントラーメンをお土産として買って来るのが密かなブームのよう。知ってましたか?
2 82 手塚治虫 大阪府豊中市生まれ、大阪大学卒。世界的に有名な「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「ブラックジャック」等名作は数知れず。ザグレブ及び広島で開催された国際アニメーション映画祭でグランプリ・ベネチア国際映画祭銀獅子賞の他、マンガ大使となって国連活動に参加、全米で漫画に関する講演活動を行う等日本を代表する漫画家である。
3 78 お好み焼き 大阪といえば食。その中でも”お好み焼き”といえば広島焼と双璧をなす。様々な具、焼き方があり、誰でも生まれて1回は口にしたことがある食べ物。多くの人々の支持を取り付けている大阪をはじめとして関西を代表する名物である。
4 76 京都・奈良の神社仏閣 奈良、京都を中心とした神社、仏閣、史跡等は時代ごとの人々の生き様が良く理解できる学習材料である。時代は変わっても人間の生き様は、普遍であり、世界共通の資産である。欧州からのお客様が南禅寺にて『ここは世界の宝だ。米国が原爆を落とさなかったのがよくわかる』と言われたことは印象的。
5 67 司馬遼太郎 幕末・明治を題材にとった『竜馬が行く』『坂の上の雲』や、戦国時代をあつかった『国取り物語』『関ヶ原』など大衆に愛される著書を多数残した。古文書・歴史書や自らの足で調べたその著作活動は、他の作家と比べ秀逸の感がある。
6 66 松下幸之助 世界に冠たる松下電器産業の創始者。わずか9歳、読み書きも十分できないまま小学4年生で丁稚奉公に出され、世間の荒波にもまれ、生まれつき弱い体と闘いながら必死に働き、今日の松下電器の基礎を築いた。刻苦努力して「経営の神様」の異名を得た。ベンチャー起業家の手本である。
7 62 たこ焼(器) たこ焼きは、関西人にとっては、幼少の頃からお菓子という位置づけ。海外ではサムライボールと呼ばれている。すし同様、具や食べ方をアレンジすることで、世界でも手軽に食べてもらえるはず。子供の味覚に合う食べ物はどこの国でも通じるため、食する機会さえ増えれば世界標準のファーストフードとなる。関西の嫁入り道具として定着しているタコやき器もまた有名。1家に1台は当たり前。
7 62 祇園祭 日本3大祭りの一つ。清和天皇の貞観11年(869年)天下に疫病が流行った時、占部日良麻呂(ウラベノヒラマロ)が勅を奉じ、長さ2丈ほどの鉾を、当時の日本国中の国の数にちなんで66本作り、疫病退散を祈願したのが始まりとされる。歴史性、優雅さは、世界最高峰。
9 59 回転寿司 回転寿司の元祖は、東大阪市にある元禄寿司本店の白石義明氏。寿司のファーストフード化により、より一般庶民の食べ物になった。海外でも同じ現象が起きヒットしている。伝統かつ高級な食品をベルトコンベアにのせることで手軽に食べられるようにしようという発想に独創性がある。
10 58 カラオケ 井上大佑氏(音響機器販売会社「クレセント」元会長)がカラオケ装置を考案。店舗での使用料金は1曲5分間100円だったが、神戸市の酔客の人気を博し評判となる。今や海外でもカラオケという言葉はスタンダード。なお、発明者の井上氏は、昨年の米誌タイム・アジア版最新号で「21世紀で最も影響力のあったアジアの二十人」に選ばれている。
10 58 明石海峡大橋 神戸と淡路島を結ぶ全長3,910Mの世界最長の吊り橋。この橋により大阪・神戸−淡路島−四国が一体となった広域経済圏が形成された。橋のスケールの大きさだけでなく、アジア・太平洋経済圏の核的存在となる広域経済圏を形成した点からも、まさに『夢の架け橋』と言える。
12 53 適塾 1838年、緒方洪庵が今の大阪・北浜に開いた蘭学塾。維新の前後に活躍する福沢諭吉や大村益次郎など多くの逸材を輩出した。この適塾の精神や教育内容は、激動の時代と言われる現代において大いなる教訓を与えるものであり、必ずや世界に通じるものだと確信する。
13 52 吉本新喜劇 「ミスタービーン」「奥様は魔女」などの海外コメディに匹敵するコンテンツは日本では吉本新喜劇だけ。字幕スーパー付きで、海外でしつこくオンエアする。
14 51 大阪城 日本最大の天守閣と最大の城郭。石垣のサイズも最大。日本の城はもともと天守閣だけでなく謁見室、評議室、大奥等の諸施設があったが、これらは二条城等を除いて消失。これを大阪城において宮大工、画家等に依頼して最高級の技で再現。城は、欧米人はもとよりアジア人にとっても珍しく観光資源としての価値大。伝統技術の継承もできて一石二鳥。
15 49 京都大学 明治30年京都帝国大学として設置され、総合大学として発展してきた。数多くの研究所は世界の最先端の学術研究の拠点である。特筆すべきは、物理学賞 湯川秀樹(京都大学理学部教授<受賞時>)や医学・生理学賞 利根川 進(米国マサチューセッツ工科大学教授)、化学賞 福井謙一(京都大学工学部教授<受賞時>)等多くのノーベル受賞者を輩出したことである。
15 49 食文化 関西は「食い倒れ」「食の街」である。東京の寿司屋では捨てるイカの足を、関西では『ゲソ』として出す。関西人は見た目よりも味を、外見よりも中身を重要視し、独自の文化を構築している。安くてうまい食にこだわる文化は人類共通に通用する。これを実践するためのさまざまなノウハウ(市住接近(多くの市場がある)、メニューのクリエイティビティ等)は世界に通じる。
17 47 PL花火芸術 打ち上げ数は約12万発で、規模は世界一である。人出は約25万人で夏に欠かせないイベントとして多くの人々に親しまれている。毎年趣向をこらした様々な花火が打ち上げられ、市内どこからでも見ることができる。
17 47 舞妓さん The日本を象徴するもの。日常生活では滅多にお目にかかれない彼女らこそ、世界各国のVIPに会い、日本の伝統文化を広く伝える大使なのである。また、着物や日本化粧(白塗り)などは世界共通認識として、日本の京都を彷彿させる。そのスタイルを一つのファッションとして発信するべき。
19 46 法隆寺 西院の金堂・五重塔・中門ならびに回廊は、7世紀末から8世紀初めにかけて造られた現存世界最古の木造建築物であり、飛鳥時代の秀れた建築技術を今日に伝えている 。
20 45 人形浄瑠璃(文楽) 世界中にある人形劇のなかでも、文楽は人形の動き(精巧さ)、衣装、ストーリー、音楽、どれをとっても総合芸術として非常に高い完成度がある。また、文楽などで用いられる序破急のビートは世界にふたつとないもの。これを現代音楽と掛け合わせれば、8ビートの登場以来大きな進化のないリズムの世界に革命を引き起こすことができる(かも)。
21 42 家電産業 大阪を中心に関西が世界にアピールできる産業は、松下電器産業、三洋電機、シャープに代表される家電である。家電製品開発に関するノウハウを持つ関西は、今後発展するであろう情報家電の分野において、世界の中心的存在になるであろう。
21 42 千年の古都 世界最古の木造建築物「法隆寺」等、多くの歴史的文化財が残る、「古の都」京都・奈良。この両都市は国際文化観光都市として外国からの観光客を多く受け入れる一方、世界へ向けて文化を発信し続ける「古代型情報発信基地」である。
21 42 漫才 関西文化の原点。「ボケ」と「つっこみ」!この2つの調和こそ漫才の真髄である。「笑い」あるいは「皮肉」にまぶして「本音」を語る。もの言えぬ現代において、漫才のこの姿勢は誇るべきものである。東京に進出し成功した今日、漫才を通し、関西が世界に向けて「笑い」の発信基地となる日は近い。
24 41 甲子園の高校野球 関西が誇る最大の情報発信基地。高校野球では、日本があらゆる面で世界一。海外の高校生も甲子園に憧れるとか。最近では、世界的に野球が普及してきていることから、甲子園の高校野球を世界標準にすることは可能。老若男女を問わず楽しめ、毎年数々のドラマやヒーローが生まれる甲子園の高校野球は永久に不滅。
25 40 正倉院宝物殿 正倉院宝物殿は1年に1回しか一般公開されないため訪れる機会が非常に限られる。また、公開される文化財も全てではない。公開期間を延長し、全てを公開すれば魅力あるものになると思う。
26 37 ユニバーサルスタジオジャパン 今年度スタートするユニバーサルスタジオジャパンを日本国内はもとよりアジア地域へ積極的にアピールする。その際、関西の名所名跡とのタイアップをはかり関西ならでの観光スポットとしてPRをする。
27 36 岸和田のだんじり祭り あまりにも豪快なこれぞ大阪という祭り。地域が一体となった祭りであり、祭りの当日は学校も休校、社会人も皆年休という熱の入れ様。祭りを命懸けで行うあたりは、泉州人気質そのもの。最近では、海外からの観光客も急増中とか。
28 35 白鷺城(世界文化遺産) 世界文化遺産に古都奈良・京都の社寺仏閣はいくつか指定されているが、城では国宝姫路白鷺城がある。
28 35 宝塚歌劇団 ロンドンのミュージカルに匹敵する歌唱力と、表現力を持っていると言われる女性だけの歌劇団。もっと世界に向けてアピールすれば、日本の名所となること間違い無し。"Do you like Takarazuka?""Kansai is Takarazuka."を世界の合言葉にしよう。
30 33 SF対応多機能券売機(一括コイン投入) 大阪市交通局が導入した券売機。「せっかちな人向きの券売機」と思ったが、利用してみると非常に便利。小銭を一括で入れられるので、適当にお金を入れて後で釣り銭が出てきて終わりと、いちいち金額を確認する必要が無い。これなら、世界のどこでも重宝されること間違いなし。
30 33 五山の送り火 8月16日のお盆の送り火だが、今年はミレニアムで大晦日にもこの行事が行われるよう。21世紀幕開けの世界のカウントダウンイベントが盛大に行われるだろうが、粛々とこの関西の行事を紹介する。
32 31 仁徳天皇陵 ピラミッド、始皇帝陵と並ぶ世界3大陵墓。面積の広さでは世界最大。ここをある程度開放してもらえれば、世界に通用する観光資源になる。
33 30 ルミナリエ 「鎮魂」を意味する阪神・淡路大震災からの復興の象徴。イタリアのデザイナーと地元の有志がスクラムを組んで、毎冬心温まる灯りをともしている。それら電球の1つ1つから、「震災にも負けない」という関西人の魂の叫びが聞こえてきそうである。
33 30 阪神タイガース 日本の国民的娯楽、野球。数ある球団の中で、これほどファンに愛されている球団は他にない。負けても、負け続けてもファンは甲子園に足を運び、熱烈な応援を続ける。まるで「負けの美学」を楽しむかのように。熱狂的で有名なイギリスのフーリガンよ!一度甲子園に来てみたらどうだ。
35 29 関西のおばちゃん クリントン大統領をも負かした無敵のド根性。
35 29 日本酒(灘五郷の酒蔵など) 日本酒の原点に戻って質を追求すれば、ワインに十分対抗可能。灘、伏見の名酒のみならず、隠れた地酒をPRする。ニューヨークやロンドンでは日本酒が健康によいとして脚光を浴びている。日本酒の最高級品が犇めく灘五郷は特筆もの。フランスならさしずめ、ボルドーのワイナリー集積地のようなもの。白鹿、白鶴、白雪など、その場で試飲・飲食できる酒蔵資料館も一般に開放されている。
37 28 阪神淡路大震災からの復興 阪神淡路大震災は世界でも記憶に残る大惨事。さまざまの問題を指摘されながらも、着実に復興が進んでいる。特に、災害直後の全国からのボランティアの活躍、被災者の冷静かつ前向きな姿勢は特筆される。地震を風化させないためにも、神戸に資料館を作ったり、地震センターを誘致したりしてアピールすべき。
38 26 関西人気質 情報化や国際化が進めば進むほど、生身の気持ち、感情、思考に基づく生き方が求められるだろう。その際、急激に進行する時代潮流に流され、呑み込まれるのではなく、と言って時代に背を向けることもなく、自分の世界を保ちつつ果敢に生きる関西人気質こそ21世紀を拓く鍵である。
38 26 京都のベンチャー企業(任天堂など) 任天堂、ローム、村田製作所、堀場製作所、京セラなどなど一芸に秀でた特徴ある優良企業群は世界に通用する。
38 26 茶道 千利休は堺の出身。茶道は非常に生活に密着した文化であり、食や住環境、精神面(禅・もてなしの心)、書や華、香、陶器など日本が培ってきた文化を伝えるのには非常に優れた存在。伝統に固執するのではなく、見立てといった、新しいものを柔軟に取入れ成長していく姿勢こそ海外に発信すべきポイント。
41 24 うす味(淡口醤油) 昨今のヘルシーブームの中、関西の味付け(特に京都)がブームになるのでは。関西の料理紹介で関西の食材市場が活性化する。また、淡口醤油は海外の料理にも十分役立つはず。パスタ・フランス料理・中華料理何でもOK。
41 24 ボケ・ツッコミ型会話 正対せず、目と目を会わさないので、冗談が言いやすい。肩を触れ合う位置関係なので親近感が湧く。懇親を目的とした2者間会談は、「そんなアホナ!」で終わる、ボケ・ツッコミ型で行なうことを提唱したい。
43 23 大阪の祭り(天神祭など) 「天神祭り」、「えべっさん」、「どやどや」、「初天神」、「お田植え」、「愛染さん」「夏越し祓い」、「神農さん」等、大阪は祭りの多いところ。特に天神祭りは日本3大祭りの一つ。
43 23 明石焼き ”たこ焼き”といえばソース味を思い浮かべるが、ダシで食べる”たこ焼き”は一風変わっており、あまり知られていないのが現状。しかし、使われているのは明石のタコであり、タイと並んで名物の一つとなっているので、セールスポイントは十分にある。
45 22 梅田地下街、地下街文化 梅田地下街は周辺の各ビル及び百貨店と連結して、一大商店街を形成している。交通機関も鉄道はもとより、バス・空港とも直結しており、これに道路交通(駐車場・高速道路)があれば完璧。駅裏開発など今後の開発計画もあり、地下街の移動手段を充実すれば、さらに拡大する。地下街文化を東南アジア、中国内陸部において広める。
46 21 そーめん 揖保の糸は、日本を代表する手延べ素麺。これを世界各国にヘルシーヌードルとして定着させる。特に暑いときにそーめんの料理の手軽さ、清涼感は、受けるはず。
46 21 東大阪中小企業群 点在している技術力を結集すれば、ロケットを創る事ができるといわれる関西の中小企業。東大阪の中小企業群はあまりにも有名。今以上に様々な技術を有する企業が集積すれば、イーストオオサカバレーとして、世界的にも有名なエリアと成り得る。
48 20 SPring−8 科学の光ともいえる「放射光」を発生させる世界最高の施設である。放射光は、物質の分析、反応、解析などのための画期的な手段として、材料科学・地球科学・生命科学・医療等の幅広い分野の研究への活用が期待されている。21世紀を担う新しい科学技術はこの施設から生み出される。
48 20 関西の牛肉 関西は神戸・淡路・但馬・松阪・近江等と高級牛肉の産地が集まる。量と値段のアメリカ、オーストラリアの牛肉に比べ、味では十分に対抗可能。あとはもう少し値段で勝負できれば。ヨーロッパ人にはアピールできる。例えば、高級牛肉食博を開催し世界にアピールするとか、肉牛の契約飼育を行い、海外からの企画ツアーを実施してはどうか。
48 20 関西国際空港 『関西』を世界都市に飛躍させるためのジャンピングボードとしてだけでなく、騒音や公害の防止に配慮し、自然環境の保全を追求した世界でも初めての本格的な24時間海上空港である。目指すは「アジアのハブ空港」!!
48 20 京和菓子 ケーキと比べてカロリーの少ない和菓子は先進各国における健康志向にマッチ。抹茶とセットにしてインターネット等を通じ大々的に売り出せば「日本文化を食べる観光スポット」として育成できる。
48 20 公文式教育法  1954年、大阪帝国大学理学部数学科を卒業し、高校数学の教師をしていた故・公文 公に、夫人が長男(当時小2)の算数の勉強を見て欲しいと頼んだのが、公文式教育が生まれたきっかけである。その卓越した学習法は多くの支持を得、日本国内で145万人、海外で110万人が学習している。「KUMON」は大阪で生まれ、世界のブランド、共通語になりつつある。
48 20 高野山・比叡山 一つの宗派だけで構成される山岳宗教都市。足を踏み入れた瞬間から異質の雰囲気が漂うエリア。 欧米人にとっても、1000年を越える歴史を持つ宗教都市はあまり例を見ない。東洋のバチカンに感動し共感するに違いない。
48 20 神戸エリア(異国情緒) 北は山。南は海。このような地勢を持つ大都市は世界的にも珍しい。異人街で異国の情緒を満喫することもセールスポイント。
55 19 京造りの家、京都の町屋保存運動 間口は狭く、奥行は深い。取っ付きにくいけど、付き合い出したらとことん行くという関西人気質が、ありありと表れている。また、京都の古い町並みを保存するために、人が住まなくなってしまった町屋に手を入れてカフェにしたり、改築して若い人に住んでもらうようにしたりする保存運動も世界に誇れるものである。
55 19 立ち呑み 酒屋での「立ち呑み」は小売業の商品を、その場で消費するデュアルサービス。仕入れも、当然安価となる。これが下町の津々浦々まで浸透している。チェーン化して衛生面を改善すればかなりのもの。
57 18 京都・大阪・神戸(三都)の連携 50km以内に相異なる特徴を持った都市が集中するのは世界的にも珍しい。夫々の都市が特徴を活かした連携をすれば世界的にも通用する都市連合に成るはず。これからは都市間競争の時代であり、三都の強みを活かしていくべき。
57 18 商人の町大阪 大阪は、「商人の町」といわれる。歴史的に見ても「浪速の商人」ということばが有る程。最近気づいたのが、エスカレータの乗降時、東京では、左で待ち右側が通行用、大阪では、逆に右が待ち左側が通行用になっている。これも、刀を大切にする武士の町と財布が大切な商人の町の差でしょうか?
57 18 折れるストロー ストローにジャバラを加えた折れるストロー。これは非常に実用的であり、世界でも受入れられるはず。
60 17 神戸のケーキ 東京と比べた実力の差は歴然。世界に通用するオリジナルケーキもあるはず。ウイーンのザッハホテル(ザッハトルテ)やパリのアンジェリーナ(モンブラン)のような世界的な観光スポットに育成する。
61 17 日本一電気街 東京の秋葉原と並ぶ日本の2大電気街。ここより電気製品の種類が豊富でかつ安く買えるところは世界でも稀少。
62 16 スーパーマリオ ご存知スーパーマリオも京都生まれを知る外国人は少ない。歴史都市京都にも観光客減少の悩みは深い。海外の若い観光客の発掘にスーパーマリオと京都のセットでPR。
62 16 河内音頭(盆踊り) 乗りのいい太鼓のリズムと単純な動作の踊りなので、誰でもすぐに仲間入りできる。衣装も浴衣で済むので、外国人にとっても安価に和服体験(異国情緒に浸ること)出来るのが嬉しい。  
62 16 御堂筋 大阪の交通の大動脈。渋滞するのは、活気がある証拠。笑って許そう。6車線の南行き一方通行は、地方ナンバー泣かせ。北は大丸・阪急・阪神、南は高島屋。両端を百貨店が占めているのは、商売人の大阪人だからこそ?
65 15 くじら 関西ではくじらを食べる。というのも太地では伝統的にくじらからの恵みで人々は生計をたててきた。いまや国際世論に押されて日本でも珍しい生活習慣になってしまったが「とくや」の女将だけにまかせないで堂々と捕鯨反対国に訴えよう。
65 15 安藤忠雄(の建築) 数々の建築に関する世界的な賞を受賞し、世界的に評価されている。生粋の関西人であり、現在は東京大学の教授も務める。
65 15 神戸市(都市開発) かつて株式会社神戸といわれたように神戸市の開発事業の手法は成功を納めた。日本ではこの再現は難しいかもしれないが、他国で国土の狭い都市にとってはビジネスモデルと成り得る。
68 14 新交通機関、自動改札機 新交通機関については、神戸、南港で全国に先駆けてサービス開始、自動改札についても関東地区より早く採用された。その合理的なシステムは世界に通用する。
68 14 漬物 「京漬」「くぎ煮」など関西独特で既に日本において有名になっている漬物は数多くある。これらの漬物を世界各国に輸出し、漬物を世界の標準食物とする。特に保存食としての価値観は高いため、最初は戸惑う国も多いと思うが、各国独自の味付けを行うことにより、ヘルシーな食べ物として人気を呼ぶ可能性もある。
68 14 伝統芸能(雅楽、能楽、狂言、歌舞伎など) 雅楽、能楽、狂言、歌舞伎、文楽など伝統芸能の発祥の地であり、現在でも生き残っている。欧米人でもそれなりに(衣装、面、演技その味わい方はまちまちですが)味わえる。
68 14 豚まん 蓬莱が、1952年に新製品として市場に投入した豚まん。今や日本で豚まんを知らない人はいないといえる。これを世界の子供用おやつとして広める。
72 13 せっかち性 信号は守らない。動く歩道の上では必ず歩く等のせっかち性は、時に世間のひんしゅくを買う可能性はあるものの、インスタント食品開発等、時代を先取る合理的な製品を開発。この気性は激動の時代に通用する。無駄を嫌う大阪の人の考え方「Time is money」そのもの。
73 12 アメリカ村界隈 若者をターゲットとした東京の渋谷と並ぶ、日本の若者文化の発祥地として一見の価値がある。新しい流行の開発力は日本一とも言われる。
73 12 そろばん 兵庫県小野市で有名なそろばんを世界の国の小学校低学年の必須科目とし、算数と暗算を覚えさせる。そうすれば海外旅行での釣り銭をもらうときの苛立ちが多少なくなるかも。
73 12 関西の夜景 同友会選定の夜景100選で実証済(http://kdoyukai.on.arena.ne.jp/yakei/index.html)。関西には多彩な夜景が存在する。関西が持つ歴史・伝統・文化、地勢的特徴、豊かな自然環境などが相俟って他地域には無い魅力的な夜景が数多くある。5年前に大阪が世界夜景会議の開催都市となったことは、世界的にも関西・大阪の夜景が認められている証拠。六甲の山々から見下ろす夜景は絶景。
76 11 聖徳太子 日本最古の寺院である法隆寺や四天王寺などの創建者であり、世界最古の憲法の一つたる十七条憲法の制定者である。「我必ずしも聖に非ず、彼必ずしも愚に非ず、共にこれ凡夫のみ」という言葉は、現代の日本人にとっても、最も適切な指針ではないか。
76 11 嵐山(渡月橋) 春はサクラ、秋はモミジの名所として、古くは平安時代から絶好の景勝地として親しまれてきた嵐山。間近に望む緑の山肌と川の流れ、渡月橋の優美な姿が調和した景観は、いまも全国の人々に愛されている。旧山陰本線を利用したトロッコ列車と保津川くだりは関西でも著名な観光ルート。
78 10 ふなずし 醗酵食品独特の匂いの為に日本人でも苦手な人も。でも体には非常に良い健康食品。最近では高級食品となってしまったが、本来は家庭で作るもの。噛めば噛むほど、うまみが出てくる。母の味を思い出すことができる。
78 10 関西のTV番組 素人が参加してもボケと突っ込みが成立し面白い番組が構成されているのが関西のTV番組。「探偵ナイトスクープ」は、深夜番組にもかかわらず好視聴率を保っている。
78 10 京阪神間の鉄道サービス競争 最近はあまり聞かれなくなったが、戦前はもっと凄かったよう。関西経済復興にも民間と公的機関のサービス提供が切磋琢磨していくことが必要では。
78 10 地蔵盆 宗教心のない日本人と思われているようだが、子供たちだけの仏教行事である地蔵盆は関西に根付いている伝統的行事である。アジア地域に紹介すると同じような行事がいろんな国で行われていることがわかって、アジアの国の人たちとの理解が促進される。
78 10 道具屋筋・道具の種類の豊富さ(特に堺の刃物) 調理包丁だけでもこれほど種類があるのかと驚かされる。ナイフしか知らない西洋人は更に驚くに違いない。道具屋筋に行けば、包丁に限らず、鍋釜その他の日本独特の目的に応じた道具を一堂に見ることが出来る。
83 9 いか焼き 阪神デパートの地下街で販売されている。安くて味も抜群である。東京でも結構話題になっている。
83 9 お茶 抹茶の世界発信。ウーロン茶と同様体にいい成分を多く含んでいることを強調する。環境、健康に敏感な欧米諸国にアピールすれば効果的。
83 9 運転技術、大阪の交通マナー 自己中心型の運転技術は、キャノンボールのような都市内レースを行えば断トツ一位。大阪の交通マナーはひどいと言われるが、世界標準ではきわめてまとも。世界各国の交通マナー改善のために大阪流を広める。欧州に加えて、これからモータリゼーションの時代を迎える中国、ベトナムなどには有用。なお、東京流はまとも過ぎて海外では受け入れられない。
83 9 吉兆 フランスのヌーベルキュイジーヌも、もともと京都嵐山の吉兆をフランス人シェフが訪ねたのが始まり。しかも吉兆のマッチに書かれているCOPYは、『世界の名物日本料理』となっている。吉兆の前身は『正月屋』といって広島から来ていたが、吉兆の本店は高麗橋にあるため、関西発と言えるのでは…
83 9 琵琶湖 日本最大の湖であり、近畿1400万人の水瓶。南北に広がる湖では、四季折々の風景が楽しめ、人々の情緒を癒している。琵琶湖で取れるフナの”なれ寿司”は独特の風味があり、名物となっている。世界湖沼会議発祥の地、ラムサール条約登録湿地。
88 8 キタ・ミナミの歓楽街 銀座・新宿と並ぶ日本の男文化と社用族文化の大集積地。働き蜂日本人の知られざる夜の生態を観察・認識できる格好の場。風俗営業と隣り合わせに位置するので、スリルも味わえる。
88 8 温泉文化(有馬・城崎など) 有馬や城崎など歴史が古く、文学などと深い関わりのある温泉が多い関西。温泉を軸にした健康〜自然〜食〜文学といった複合文化としての「温泉文化」を発信すべき。また、大阪は、車で1時間以内に温泉に浸ることが出来る稀少な大都市である。近くではフェスティバルゲート、千里の湯などがあり、宝塚・有馬などの温泉郷も遠くない。
88 8 関西の豊かな水 日本最大の湖「琵琶湖」を有する関西。世界的に有名な「清水寺」もそこにある音羽の滝の清水に由来する。また、農作物においても、河内蓮根、水ナス等水が育てた関西の作物も多数有る。六甲の水はあまりにも有名。
88 8 関西文化学術研究都市(けいはんな) 大阪・京都・奈良どこからでも近い京阪奈学研都市。世界に誇れる学研都市になってもらいたい。官民共同で開発推進され、省庁・自治体を超えた連携による推進という点も特徴的である。
88 8 西国三十三箇所巡り 関西には歴史街道という新しい道が設定されたが、関西には古くから観音菩薩の霊場をつないだ道が設定されていた。歴史の道関西をキリスト教国にPR。那智山の那智の滝や京都西山の善峰寺の遊龍松など日本を代表する自然がある。
88 8 大阪商人によるPFI的活動 江戸の官製の橋と違って、大阪は土地の有力商人が多くの橋をかけた。こういった、民間が公共性の高い事業を請け負い、社会環境整備のスピードを上げていく気質というものは大阪に強く存在するのではないか。
94 7 大阪流値切りの術 欧州ではイタリア・スペイン、アジアでは中国・韓国・タイ等、駆け引きを主体とする商売形式が採用されている国・地域は枚挙に暇がない。大阪人は、東京人はもとより神戸人・京都人にもまねの出来ない値切りの才を持っており、このノウハウは駆け引き商売圏で活用できる。ノウハウ本を作成、翻訳し海外で販売。
95 6 コシノ三姉妹 国際的ファッションデザイナーのコシノヒロコ・ジュンコ・ミチコ三姉妹は岸和田出身。
95 6 貴船の納涼床 夏の風物詩。京都らしさを満喫できる。川床料理はヘルシーなものが多く、時代にマッチしている。この独特な雰囲気と料理の上品さは必ず世界で通用するはず。
95 6 栗東トレーニングセンター JRAの西日本におけるトレーニングセンター。東の美浦に比べ坂路をいち早く取り入れるなど調教の設備は日本一。昨今、日本馬が海外G1で活躍しているが、栗東のトレセンにおけるハードな調教があってこその結果である。世界的にも有数のトレセンである。
95 6 山東町の源氏ボタル 滋賀県山東町を東から西へ貫流する天野川は豊かな清流に恵まれ、初夏の川辺は至る所で蛍光が乱舞する妖しいまでに美しい幻想の世界が出現する。日本には19種のホタルが棲息するが天野川のホタルは発光が一番大きなゲンジボタル。国の特別天然記念物にも指定されている。
95 6 心斎橋筋商店街 日本で一番有名なアーケード付き商店街。一流の店が集積し、周辺地区もショッピングとグルメの大阪最大の集積地。
95 6 動くマスコット人形 「食い倒れ太郎」「かに道楽」などマスコット人形の種類・数に関しては、その奇抜さも含めて世界に通用する。大阪のミナミを紹介しながら、マスコット人形と商いをアジアの観光地にコンサルティングし、アジアの観光地の繁華街にはマスコット人形という習慣を根付かせる。

このページの上へ戻る
 
戻る